血液型検査方法とは?その種類・調べる方法について

血液型検査方法とは?その種類・調べる方法について

血液型検査方法にはどのような種類があるのかご存じですか?同じA型にもいろいろな血液の種類があります。異なる種類の血液を輸血してしまうとショック症状を引き起こし命を落としてしまう危険性があるのは皆さんご存じですね。そのため血液型検査はとても重要なものになっています。

 

血液型検査方法にの中でも一般的なのがABO式血液型です。赤血球から血液型を調べる方法です。赤血球の表面に存在している抗原や抗体の反応から血液型を確定していきます。このABO式血液型ではA,O,B,AB型の血液型を確定することができます。

 

そして次にRh式血液型という方法です。Rh式血液型では赤血球の表面にD抗原という物質があるかどうかを調べる方法です。D抗原が陽性であればRh+、陰性であればRh-の血液型になります。例えば同じA型の血液でもRh+の場合とRh-の場合があるということです。日本ではRh-の血液型の人はとても少なく珍しい血液型となっています。Rh-の血液型の人にRh+の血液を輸血してしまうとショックを起こしてしまうことがあり、このRh式血液型の検査方法もとても重要なものになっています。

 

この他にも現在血液型検査方法はマイナーな検査方法も合わせると300種類を超えると言われています。血液型の中には人口に対して約1%の割合にしか満たないとても珍しい血液型というのも存在します。自分の血液型が気になる方は一度詳しく血液型検査を受けてみてはいかがでしょうか。血液型検査キットの購入なら売れ筋インターネット通販サイトがおすすめです。