血液型検査を保健所で受けるには?その方法と手順について

血液型検査を保健所で受けるには?その方法と手順について

血液型検査は各市区町村の保健所でも受けることができます。市区町村によっては感染症以外の血液検査を受け付けていない場合もありますから、事前に確認しておきましょう。また保健所ですから、受付の時間は平日の昼間に限られてしまいます。飛び込みでも検査ができるのか、予約をしておく必要があるのか確認しておくのがおすすめです。たいていの場合は検査を実施している日というのが決まっていますから注意が必要です。

 

保健所ではどちらかというと簡易的な検査を受けることができます。これも保健所によってその場で結果が分かるのか、後日通知を受けるのか違いがあります。費用に関しては病院などに比べると比較的やすい金額で検査を受けることができます。とりあえず血液型を知りたいという方は利用してみるといいですね。また保健所では診断書や証明書などを発行してもらうことはできません。必要な場合は最初から病院などを利用するほうがいいですね。

 

保健所によっては検査ができる年齢が限られている場合があります。特に幼少期は検査の精度が高くないと正しく検査結果を得ることができないためです。保健所ではエイズウイルスやB型・C型肝炎ウイルス、梅毒などの感染症に対しての血液検査をおこなっていますが、通知される用紙に血液型の結果が載せられているかどうかは保健所や検査機関によって違いがあります。

 

保健所で血液型検査を受けるには上記の確認が必要です。仕事をしている場合平日に時間を取るというのは少し難しいものですね。そういった方は自分で検査をすることができる血液型の検査キットなどもおすすめです。