血液型検査を調べるのはいつから(何歳から)が適切ですか?

血液型検査を調べるのはいつから(何歳から)が適切ですか?

血液型検査を受けるタイミングはもちろん人によって違いますが、多くの人が出生時に検査を受けています。しかし、新生児期や乳幼児期の血液型検査は判定の難しさから、正しい結果を得ることができない場合もあるため、大人になったタイミングでもう一度検査を受けてみると把握していた血液型と異なる場合があります。

 

そのため、病院などで血液を用いた血液型検査を受ける場合はある程度大きくなってから検査を受けるのがおすすめです。厳密な年齢制限などはありませんが、一般的に5歳くらいまでには血液中の抗体が安定するといわれています。ですから子どもであれば小学校入学を目安に考えてみてはいかがでしょうか。

 

しかし、保育所や幼稚園など施設によっては血液型の明記を求められる場合があります。また、事情により血液型検査を早急に受けさせたいという方もいます。そのような場合は唾液などから血液型を判定する遺伝子型検査が便利です。遺伝子型検査であれば年齢にかかわらずいつからでも検査をすることができますし、検査の精度もとても高く信頼できる結果を手に入れることができるはずです。

 

血液型の遺伝子型検査は、病院などでも受けることができますが、最近では自宅で簡単にできる血液型検査キットなどもあります。麺棒に唾液を染み込ませ、検査機関に送り後は検査結果が郵送されてくるのを待つだけなのでとても便利です。この検査ならば新生児や乳児の血液型を高い確率で判定することができますよ。