血液型検査を小児科で受けるには?その方法と手順について

血液型検査を小児科で受けるには?その方法と手順について

出産をした産院などで新生児の血液型検査をうけていたとしても、少し大きくなってから再検査をしてみると血液型が変わってしまっているということはわりとよくあることです。生まれてすぐおこなう血液検査では血液中の抗体をうまく検出することができず、判定に間違いが起きてしまうためです。また産院の中には血液型検査自体をおこなわない場合もあります。

 

保育施設や学校によっては血液型を知らせておかなくてはいけない場合もあります。そういった場合は血液型検査が必要になりますから、小児科などかかりつけ医で検査を受けてみましょう。検査にかかる費用は病院によって違いがあります。診察の一環として、血液型検査を受けることができれば健康保険が適用されますから、費用をおさえることができます。一度かかりつけの先生に相談をしてみてくださいね。

 

事故などで輸血が必要になった場合や、血液に関する病気の場合、血液型が分からないと心配ですね。実際にはそのようなことが起こった場合、輸血や治療をする前に血液型検査がおこなわれますから安心してください。とはいえ、とっさの時にパニックにならないためにもあらかじめ血液型検査を受けておくというのはおすすめです。小児科でもかんたんに受けることができますから、一度考えてみてくださいね。

 

もし、どうしても子どもが怖がって検査を受けることが難しい場合は、唾液から簡単に血液型を検査できるキットなどもありますから試してみてくださいね。